«準々決勝: 白井 大河(茨城) vs 宮本 寛弥(千葉) 最新 準々決勝: 菅谷 裕信(千葉) vs 原田 真雄(千葉)»

LMC Championships 2011

LMC Championships

準々決勝: 石井 泰介(神奈川) vs 中道 大輔(東京)

Written by Takamasa Sato

IMG_1453

互いに BYE なしという圧倒的不利な状況から勝ち上がってきた二人の対戦をお届けする。

石井は働きながらグランプリ北九州チャンプを戴冠した社会人プレイヤーの先駆者。

中道は草の根の大会で確かな結果を残すプレイヤーである。

果たして、このまま準決勝まで駆け抜けるのはどちらか。


Game 1

即キープの石井に対し、中道はじっと沈思黙考してからの 1 マリガン。

先手石井は流れるような手つきで《不屈の自然》を撃ち、ゲームスタート。対する中道はゆっくりとした手つきで《思案》。そのランド構成からバントカラーの「なにか」であることを明らかにする。

石井は構わず第 3、4 ターンに《ダングローブの長老》を連打。中道は《真面目な身代わり》でマナを伸ばすと、丁寧に山札を切りなおす。

動の石井に、静の中道といったところか。

石井は《緑の太陽の頂点》から《ヴィリジアンの密使》をサーチ。《森》 3 枚で詰まってしまったマナベースを整えようとする。

中道はこの隙を突くように《酸のスライム》で森を破壊。返しに石井は《森》を引き、ほっと一息。《呪文滑り》を設置する。

中道は《幻影の像》《酸のスライム》をコピー。執拗にマナベースを狙い、さらに《刃の接合者》と繋げて生物を広く展開する。

しかし、石井もしっかりと《森》を引き込み、《情け知らずのガラク》《幻影の像》を破壊。

が、返しのターン、中道が送りだした一枚のカードに思わず悲鳴を上げた。

Sun Titan

《太陽のタイタン》。もちろん、対象は《幻影の像》

《酸のスライム》をコピーしてまたも《森》が破壊。

これで一気に劣勢に立たされた石井だったが、《情け知らずのガラク》が強い。《酸のスライム》を倒して変身し、さらに手札から《戦争と平和の剣》を送り出す。

ここで中道は考え込む。

ガラクに複数体でのアタックを挑むと、石井は複数ブロックで《太陽のタイタン》を処理。代償として《ヴェールの呪いのガラク》を失う。中道が墓地をリムーブしつつ《スカーブの殲滅者》を唱えると、石井は思わず「そんなのまで入っているのか」と呻く。

石井は返しに《始源のハイドラ》を X=3 でプレイ。そのまま続くターンに《酸のスライム》まで追加すると、ライフで押されていた中道はカードを片付けた。

石井 1-0 中道


石井はサイドボードをしたふりをして、1 枚も変えず。

対する中道は長考の末、《棘投げの蜘蛛》《ワームとぐろエンジン》を抜き、《ファイレクシアの変形者》《悪鬼の狩人》を。


Game 2

先手は中道。今度は即キープ。対する石井は土地を引けず 1 マリガン。

ファーストアクションは石井の《極楽鳥》からの《始源のハイドラ》(X=1)。3 ターン目には《ダングローブの長老》も加えてビート体制を整える。

対する中道は 2 枚の《ヴィリジアンの密使》を並べ、一戦目では見られなかったキーカードである《出産の殻》を場に。《ヴィリジアンの密使》《悪鬼の狩人》に姿を変え、《始源のハイドラ》が取り除かれる。

Birthing Pod

ターンの戻ってきた石井は《出産の殻》デッキであることを予想していなかったため、ここで考え込む。《情け知らずのガラク》《悪鬼の狩人》を倒すものの、X=0 となった《始源のハイドラ》はそのまま墓地へ。

返しのターン、中道は《ヴェールの呪いのガラク》《ヴィリジアンの密使》の攻撃で処理し、《ファイレクシアの変形者》《出産の殻》をコピー。十分に仕事をした《ヴィリジアンの密使》《スカーブの殲滅者》に産み変える。

押され気味の石井は、《不屈の自然》《森》を積み上げる。《ダングローブの長老》のサイズは未だ 4/4 だが、《ケッシグの狼の地》《極楽鳥》があるため一撃のチャンスはある。除去除けの《呪文滑り》を置いて、ターンエンド。

中道は手札から《幻影の像》《スカーブの殲滅者》コピー)を《出産の殻》に喰わせて、《ファイレクシアの変形者》。さらに手札から《ファイレクシアの変形者》と並べて、3 体の 5/6 飛行を宙に展開する。

石井は打開策を求めて《原初の狩人、ガラク》で 4 枚ドローするが、そこに土地はなく。

次なるターン、中道が《太陽のタイタン》をプレイすると、そのまま殴りきられてしまった。

石井 「サイドボード間違えてた!」

石井 1-1 中道


今度こそ本気のサイドボードをした石井は、

in
2 《酸のスライム》
4 《四肢切断》
out
4 《ダングローブの長老》
1 《戦争と平和の剣》
1 《饗宴と飢餓の剣》

対する中道は 2 戦目と同じ。


IMG_1457

Game 3

先手を取った石井は頭を抱えながら痛恨のダブルマリガン。しかし、手札には 3 枚の土地と 2 枚の《酸のスライム》が。石井、軽快に土地を並べつつ、3 ターン目にようやく《ラノワールのエルフ》。中道は《思案》で手札を整えながら、《刃の接合者》に辿りつく。

石井、4 ターン目の《酸のスライム》で中道から青マナを奪うが、中道はしっかりと《島》を置き、《思案》。手札には既に《出産の殻》も追加の土地もあるため、生物を上に積み込む。《ヴィリジアンの密使》を出してターンエンド。

早くも劣勢に立たされた石井。2 枚目の《酸のスライム》《島》を破壊する。中道は手札を温存して《極楽鳥》のみをプレイ。

石井、《ケッシグの狼の地》を置くと《始源のハイドラ》を X=4 でプレイ。中道は手札から《出産の殻》をプレイすると《刃の接合者》《ファイレクシアの変形者》とし、(《酸のスライム》コピー)《ケッシグの狼の地》を破壊。

石井は《緑の太陽の頂点》 X=5 で《酸のスライム》をサーチして《出産の殻》を破壊。

石井 「(2 枚目の)《出産の殻》はやめて!」

叫びながらターンを返すが、中道は悠々と手札から 2 枚目の《出産の殻》《ヴィリジアンの密使》プレイから《悪鬼の狩人》へと変化させ、《始源のハイドラ》を危険域になる前に屠る。

しかし、石井は諦めない。

最後の手札である《情け知らずのガラク》《ファイレクシアの変形者》を殺すと変身してエンド。

ここで中道は長考。

《悪鬼の狩人》《ファイレクシアの変形者》《出産の殻》コピー)とし、《ヴィリジアンの密使》をプレイして即《出産の殻》に喰わせ、2 戦目を制した《スカーブの殲滅者》へと。

まさにマジック・ザ・パズリング。場とライブラリーが次々と入れ替わっていく。

残りターンが少ないと悟った石井は《ヴェールの呪いのガラク》をサーチで起動。山札から掴み取った《原始のタイタン》をプレイすると、《ケッシグの狼の地》《山》を場に。

決着は近い。中道も険しい顔で手札から《真面目な身代わり》をプレイ。すぐに《出産の殻》に喰わせて《酸のスライム》に。《ケッシグの狼の地》を破壊すると、さらに《太陽のタイタン》とし、釣り上げた《悪鬼の狩人》《原始のタイタン》を処理! 石井の場にある全ての脅威を除去して見せる。

石井、《酸のスライム》 2 体での攻撃で、中道がライフを守るために《太陽のタイタン》を犠牲としたのを確認すると、手札から《情け知らずのガラク》をプレイ。《悪鬼の狩人》を殺して《原始のタイタン》を復活させる。

が、次の中道の行動は手札からの《大修道士、エリシュ・ノーン》! さらに《幻影の像》《原始のタイタン》をコピーすると、石井は悲鳴を上げる。

何もできずにターンを返した石井に対し、中道は《極楽鳥》から《ヴィリジアンの密使》を経由しての《悪鬼の狩人》《原始のタイタン》を潰し、石井を完全に倒して見せた。

石井 1-2 中道

Tags: Report

編集