«ラウンド 8: 渡辺 竜二(千葉) vs 高木 隆之(千.. 最新 DechTech: 青黒コントロール:渡辺 雄也»

LMC Championships 2011

LMC Championships

ラウンド 8: 刈込 弘明(千葉) vs 増野 良輔(千葉)

Written by Daisuke Kawasaki

CIMG2754

刈込 「うわー、カバレージ書かれるなんて初めてですよー」

LMCC 最終戦。ここで勝ってやっとオポ勝負というマッチで、紹介するのは刈込 弘明だ。「せっかくここまで来たからにはトップ 8 も狙いたいなぁ」と語る刈込が使用するデッキはソーラーフレア。初の LMCC でできれば結果を残したいところ。

対するは、最近千葉に引っ越してきて、名実共に千葉勢となった増野 良輔。使用するデッキは青黒《ボーラスの工作員、テゼレット》

LMCC 初挑戦の新鋭の前に、古豪中の古豪であり曲者の増野が立ちはだかる。


Game 1

先手の増野が 1 ターン目に《虚無の呪文爆弾》をプレイし、互いに土地を並べていく展開……かと思われたが増野の土地が 2 枚でストップしてしまう。ここで刈込が《熟慮》をプレイしたのは《虚無の呪文爆弾》で追放したものの、返しで《ヴェールのリリアナ》が登場してしまい、早くもマウントをとられてしまう。

なんとか 3 枚目の土地を引き、《漸増爆弾》を盤面に追加した増野ではあったが、ここで《ヴェールのリリアナ》の危機と聞いてイケメン《記憶の熟達者、ジェイス》が颯爽と登場。

続くドローが土地でないことを確認すると、増野はサイドボーディングを開始した。

刈込 1-0 増野


Game 2

後手の刈込がマリガン。とはいえマリガン後の手札は土地もカウンターもプレインズウォーカーもある十分なもの。

対する増野は 2 ターン目から小考。とりあえず《虚無の呪文爆弾》をプレイしてターンを返す。先ほどのゲームでは 2 枚で土地が止まってしまった増野だったがこのゲームでは順調にマナを増やしていく。

そして、今度は刈込の土地が 2 マナで止まってしまう。

増野 「僥倖僥倖……ってさっきのオレと同じじゃないか」

さっきの増野と刈込が違うのは、その後は順調にマナが伸びていったということだ。とはいえ、序中盤の攻防で 1 枚の土地の差、先手後手も考えれば 2 枚の土地の差は大きい。増野は《真面目な身代わり》をプレイし、これをカウンターしようとした《マナ漏出》《マナ漏出》仕返せるくらいにマナに余裕があった。

結果、《真面目な身代わり》は戦場に着地することに成功し、さらにマナ差が広がってしまう。このフルタップの隙になにか通したい刈込ではあったが、返しに致命的なカードを通されることを嫌ってマナを残してターンを返す。

ここで増野は《真面目な身代わり》でのアタックをしたのちに《ボーラスの工作員、テゼレット》をプレイ。刈込はここに《雲散霧消》を撃つのだが、増野の手札にも《雲散霧消》が。

刈込 「あるのー?」

とはいえ、これで増野のマナはほぼゼロに。この隙に《忘却の輪》《ボーラスの工作員、テゼレット》を対処する。だが、増野の手札からはおかわりが。

出てくるのは《聖別されたスフィンクス》。これには刈込もため息をつく。刈込のドローに対応して増野も 2 枚カードを引き、手札充実する。そんな増野に通るわけ無いと、おそるおそる《忘却の輪》をプレイする刈込。

増野 「通っちゃうんだなーこれが」

無事、《聖別されたスフィンクス》に対処することに成功した刈込。だが、このほぼフルタップ状態の隙に増野は《青の太陽の頂点》を全力の X=6 でプレイ、以後の展開を優位にすすめようと画策する。

刈込は、トップデックした《幻影の像》《真面目な身代わり》をコピーして、やっと 5 枚目の土地を確保。《真面目な身代わり》同士が相打って、ほぼフルタップ状態の刈込に潤沢な手札の増野がどのように追い込みをかけるかを熟慮する。

まずは、《真面目な身代わり》。そして《漸増爆弾》をプレイすると、4 マナを残してターンを終える。

ここで土地をトップデックした刈込。3 マナ残して《ヴェールのリリアナ》をプレイすることに成功する。増野は小考するが、《マナ漏出》をプレイ。フルタップを嫌った刈込は《ヴェールのリリアナ》を墓地に置いた。

返しのターンで増野は都合 3 枚目となる《真面目な身代わり》をプレイ。《真面目な身代わり》《墨蛾の生息地》でアタックするとターンを終了、一方 3 マナ残していた刈込は《禁忌の錬金術》をプレイする。

この《禁忌の錬金術》《虚無の呪文爆弾》で追放した増野。完全に増野のペース……かと思われたが、唯一の勝ち筋を求めて刈込がプレイした《墓所のタイタン》がカウンターできない。

増野 「こんなの通っちゃったよ……」

刈込 「よっしゃ、元気出てきた」

盤面はかなりひっくり返されてしまった増野ではあったがマナ差も含めてまだまだ優位は残っている。《墓所のタイタン》対策に《ワームとぐろエンジン》をプレイすると、《墨蛾の生息地》 2 体でアタックする。

刈込は《墓所のタイタン》とトークン 2 体でアタックし、これが予定調和的に《ワームとぐろエンジン》《真面目な身代わり》 2 体と相打ちをする。

戦場には増野がワーム 2 体、刈込がゾンビ 2 体という状態になるが、刈込が《ヴェールのリリアナ》をプレイして<-2>能力を使用したことで、多少刈込に有利な場になる。

だがしかし。

増野が《ボーラスの工作員、テゼレット》を招集し、<-1>能力を《墨蛾の生息地》に使用したことで、刈込は毒の突然死を体験することとなるのだった。

刈込 1-1 増野


刈込 「序盤の土地がー」

増野 「土地とまっちゃうと勝てないよね」


CIMG2744

Game 3

このゲームで土地が止まってしまったのは刈込だった。《熟慮》の裏表を撃ったものの、3 枚で土地が止まってしまったのだ。

一方の増野は、《虚無の呪文爆弾》をプレイし、そして着々とマナを伸ばしていく。刈込はなんとか《禁忌の錬金術》で土地へとたどりつくのだが、《虚無の呪文爆弾》で墓地を全て持って行かれてしまう。

だが、ここで刈込は《虚無の呪文爆弾》《外科的摘出》で追放する。墓地対策を失った増野だったが、手札は十分に強力なものだった為、その後、互いに土地を並べ合うゲーム展開となる。

先に動いたのは増野。7 マナにたどりついたところで《真面目な身代わり》をプレイ。これに対応して刈込は《禁忌の錬金術》をプレイし、《真面目な身代わり》は戦場に着地することを許可する。

増野は続くターンにも 2 体目の《真面目な身代わり》をプレイ。刈込はこれもスルーし、《禁忌の錬金術》をフラッシュバックする。互いにアドバンテージを稼ぎつつ、盤面を充実させていく。

続く大きな動きは刈込の側からあった。《ヴェールのリリアナ》をプレイ。これは《雲散霧消》でカウンターする増野だったが、《瞬唱の魔道士》でフラッシュバックされた《否認》がこれをカウンターする。

《ヴェールのリリアナ》の<-2 >能力が《真面目な身代わり》を 1 体減らし、盤面はほぼ膠着状態、《ヴェールのリリアナ》がある分刈込が有利といった状態。

増野は、《真面目な身代わり》だけでなく《墨蛾の生息地》もクリーチャー化してアタックすることで相打ちしつつ《ヴェールのリリアナ》を排除することに成功。そして、この隙に《青の太陽の頂点》を再び X=6 の全力でプレイし、刈込とのアドバンテージ差をつける。

だが刈込も負けていない。増野がフルタップしたところで、ゲームを決めうる《太陽のタイタン》を投入。墓地の《ヴェールのリリアナ》を復活させ<+1>能力を使用する。

この《太陽のタイタン》に対抗するべく増野は《ワームとぐろエンジン》をプレイ。だが、これに刈込の必殺、《存在の破棄》が突き刺さる。

増野 「え?まじ?やばい……消えちゃうーー」

増野の手札にカウンターはなく、《ワームとぐろエンジン》は跡形もなく存在を破棄されてしまう。増野も《太陽のタイタン》へと《喉首狙い》をプレイするが、《堀葬の儀式》がフラッシュバックされ、《太陽のタイタン》が戻って来てしまう。

そしてこの《太陽のタイタン》が復活させたのが、《瞬唱の魔道士》。戦場に出たときの能力で《外科的摘出》が選択され、増野のライブラリーから《雲散霧消》が雲散霧消してしまう。

だが増野も負けていない。《ボーラスの工作員、テゼレット》を招集して《墨蛾の生息地》を 5/5 にすると、《ヴェールのリリアナ》を落とし、さらに《破滅の刃》《太陽のタイタン》を墓地へと送り込む。

そして《ボーラスの工作員、テゼレット》への《瞬唱の魔道士》のアタックを《墨蛾の生息地》で防ごうとするのだが……ここからは今度は刈込がやり返すターン。《墨蛾の生息地》《破滅の刃》で破壊すると、《精神を刻む者、ジェイス》を盤面に追加する。

増野は《ボーラスの工作員、テゼレット》をトップデック。《墨蛾の生息地》をさらに 5/5 にし、《精神を刻む者、ジェイス》へとアタック。盤面を平らにもどす。

増野 「泥仕合だなぁ」

互いに強カードをトップデックしあうパワーゲーム、まさに増野の言うとおり、泥仕合。だが、ここで刈込がトップデックしたカードはゲームを決定しうるものだった。

Unburial Rites

ソーラーフレアがソーラーフレアたる所以となっているこのカード。《太陽のタイタン》をつり上げると、《忘却の輪》を復活させて《真面目な身代わり》を追放、さらにフラッシュバックで《ワームとぐろエンジン》を墓地から呼び戻す。

完全に勝負は決した……かにみえたが、ここで増野がトップしたのは《ワームとぐろエンジン》。ギリギリの戦いでギリギリのカードを引き当てた。

刈込は《太陽のタイタン》でアタックし、《ヴェールのリリアナ》を復活させる。《ワームとぐろエンジン》《太陽のタイタン》と相打ち、出てきた 2 体の 3/3 のうち、《ヴェールのリリアナ》によって絆魂を持つ方が墓地へと送られる。

ここでタイムアップの声。延長ターンに突入する。

増野が《ボーラスの工作員、テゼレット》をトップデックし、その能力で《ワームとぐろエンジン》が導かれ、そしれ《ワームとぐろエンジン》をさらにトップデックしたことで、ただでさえ泥仕合だったゲームがさらに泥仕合に。

結果、最終戦は引き分けとなった。

刈込 1-1-1 増野

Tags: Report

編集