«DechTech: 白緑ビートダウン:菅谷 裕信 最新 ラウンド 8: 刈込 弘明(千葉) vs 増野 良輔(千..»

LMC Championships 2011

LMC Championships

ラウンド 8: 渡辺 竜二(千葉) vs 高木 隆之(千葉)

Written by Takamasa Sato

トップ 8 の目を残す 2 敗ラインから、LMC ポイントレース 2 位、LMCC 昨年トップ 8 の渡辺と、2008 年グランプリ神戸準優勝者の高木の一戦をお送りする。

渡辺は BYE 3 からの 2 勝。対する高木は BYE 無しからここまで這いあがってきた。

安定した戦績を残す渡辺が勝つか、勢いそのままに高木がトップ 8 への細い糸を繋ぐか。


Game 1

Dead Weight

先手高木の《ラノワールのエルフ》を、渡辺は《死の重み》。見慣れないカードだが、《太陽のタイタン》で回収できる優秀なカードである。

《極楽鳥》を設置するのみで動きの止まった高木に対し、渡辺は《禁忌の錬金術》から《虚無の呪文爆弾》

高木はトップから《出産の殻》を引き込み、これが通る。早速《出産の殻》《極楽鳥》を捧げ、《ヴィリジアンの密使》を。次のターンには《裏切り者グリッサ》に繋げ、渡辺にプレッシャーをかける。渡辺、これを《審判の日》。高木は何も引き込めないのか、2 枚目の《出産の殻》を置くのみ。

しかし、次のターン。高木の手札から飛び出したのは《ワームとぐろエンジン》

これが通り、渡辺は盤面上劣勢に立たされるが、そこは対応力に定評のある太陽拳。当然のようにフラッシュバックからの《禁忌の錬金術》《忘却の輪》をもたらし、《ワームとぐろエンジン》はなかったことに。

手札に生物のいない高木が引き込んだのは、《囁く者、シェオルドレッド》。これが通るが、《出産の殻》が生かせない=アドバンテージが得られない状況は辛い。

不安通り、渡辺は手札から《ヴェールのリリアナ》《太陽のタイタン》と連打。高木は温存していた《幻影の像》《太陽のタイタン》をコピーするものの、渡辺にレスポンスで《虚無の呪文爆弾》を起動されては、ただのデカ物に過ぎず。

渡辺 1-0 高木


高木 「実(クリーチャー・カード)を引かねぇ……」

渡辺 「殻デッキ特有の病気ですね」


Game 2

再び先手の高木。タップインで動きがもたつくも、《ラノワールのエルフ》から 3 ターン目《最後のトロール、スラーン》に成功する。

対する渡辺は《真面目な身代わり》でマナ加速。高木はタップアウトしている間にと、《ミミックの大桶》

渡辺は《ミミックの大桶》《神への捧げ物》。さらに《審判の日》《最後のトロール、スラーン》の除去に成功する。

高木、手を緩めることなく《出産の殻》。これに対応した渡辺の《忘却の輪》《酸のスライム》

渡辺、2 枚目の《忘却の輪》《出産の殻》を止めるが、高木は《戦争と平和の剣》。渡辺は《酸のスライム》《破滅の刃》することで延命を図る。

高木、再びの《酸のスライム》《忘却の輪》を破壊。ビートダウンを開始するかに見えたが、そこに渡辺の《解放された者、カーン》! 無色のプレインズウォーカーと《蔑み》が高木の手札を奪い去っていく。

高木、《酸のスライム》《戦争と平和の剣》を持たせて攻撃。カーンの忠誠値をわずかに削る。

が、カーンは硬い。そして強い。高木から《戦争と平和の剣》さえ奪い去る。

しかし、高木も強い。《幻影の像》《酸のスライム》と連打して、渡辺の土地を破壊。クロックを作りつつ相手の行動を制限する。

渡辺、フルタップからの《太陽のタイタン》《忘却の輪》が復活し、《出産の殻》が忘れ去られる。

高木はその後まったく有効杯を引けず、渡辺の場に 2 枚目の《太陽のタイタン》が現れると、高木は負けを認める他なかった。

渡辺 2-0 高木


渡辺、勝って決勝ラウンドに望みを繋ぐ!

Tags: Report

編集