«ラウンド 7: 萩原 紀幸(千葉) vs 秋山 貴志(千.. 最新 DechTech: 白緑ビートダウン:菅谷 裕信»

LMC Championships 2011

LMC Championships

DechTech: 緑単タッチ赤:石井 泰介

Written by Daisuke Kawasaki

公式サイトの津村の記事でも紹介されているように、緑単ビートと言えば「マンモス」こと、石井 泰介。当然この LMCC にも、緑単に《ケッシグの狼の地》の為に赤を足したデッキで参加している。

海外で主流となっている《ケッシグの狼の地》デッキと違い、緑単タッチ赤が主流なのが日本の特徴。当然グランプリ広島の会場も跋扈するであろうこのアーキタイプについて石井自身に語ってもらおう。

まずはデッキリストから。

8 Garruk - Ishii Taisuke / LMC Championships 2011
 4  極楽鳥/Birds of Paradise
 3  ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
 2  呪文滑り/Spellskite
 1  ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary
 4  ダングローブの長老/Dungrove Elder
 2  酸のスライム/Acidic Slime
 1  原始のタイタン/Primeval Titan
 4  始源のハイドラ/Primordial Hydra

21 Creatures 1 饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine 1 戦争と平和の剣/Sword of War and Peace 3 緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith 1 不屈の自然/Rampant Growth 4 原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter 4 情け知らずのガラク/Garruk Relentless 1 解放された者、カーン/Karn Liberated
15 Spells 21 森/Forest 1 山/Mountain 2 ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run
24 Land 60 Total Cards
 2  酸のスライム/Acidic Slime
 4  四肢切断/Dismember
 3  電弧の痕跡/Arc Trail
 2  戦争と平和の剣/Sword of War and Peace
 2  忍び寄る腐食/Creeping Corrosion
 2  外科的摘出/Surgical Extraction

15 Sideboard Cards

-- 「このデッキを使用した理由……はさすがにきかなくてもわかりますね」

石井 「まぁ、さすがにね」

-- 「第二の《陰謀団の先手ブレイズ》ですよね、もう(石井は以前、《陰謀団の先手ブレイズ》デッキを調整し続け使い続けていたことから「ブレイズさん」とあだ名がつけられていた)」

石井 「もう、それぐらいのレベルかもね」

Primordial Hydra

-- 「というわけで個々のカードについて聞いていきたいと思います。まずはやはり《始源のハイドラ》ですね。最近では結構減らしてる人も多いと思うんですが……」

石井 「オレは最初から 4 枚入れてたけどね。たしかに今は採用している人は少ないけど、実は同系相手で化けモンだからあんま減らしたくないよね。うっかり除去がないとそのまま勝てる相手も多いしね」

-- 「実際のゲームでは X=1 で出していることも多かったですね」

石井 「そうだね。このデッキは 1 ターン目にマナクリーチャーを出して、2 ターン目に 3 マナ域にアクセスするデッキだから、3 マナで動ける選択肢は《ダングローブの長老》だけじゃ足りないんだよね。そういう意味でも《始源のハイドラ》は良い動きをしてくれるのは間違い無い」

-- 「《緑の太陽の頂点》では駄目なんですか?」

石井 「X=2 でもってこれるカードが《ヴィリジアンの密使》だけだからね。今のメタゲームだと、このカードはそこまで強くはないね」

-- 「他に、各種剣もあるから 3 マナ域の選択は十分ですね。ちなみに、石井さんのデッキは《戦争と平和の剣》が優先して入っていたように記憶しているのですが、今回は《饗宴と飢餓の剣》と 1 枚ずつですね」

石井 「このデッキでは間違い無く《戦争と平和の剣》の方が強いよね。ただ、今日は先週のグランプリの結果をうけて青黒が多いだろうと思っていたので、青黒に強い《饗宴と飢餓の剣》も入れた感じだね。このデッキだと《饗宴と飢餓の剣》のマナアンタップ能力でマナクリーチャーが起きるわけじゃないから、あんまり優先的に入れたくはないんだよね」

-- 「デッキ名でもある 2 種のガラクが 4 枚ずつに、《解放された者、カーン》とプレインズウォーカーがかなり多く入っているデッキでもありますよね」

Garruk, Primal Hunter
Garruk Relentless

石井 「そうだね。《原初の狩人、ガラク》ははっきりいって化け物。このデッキが Tier1 になれているのも《原初の狩人、ガラク》のおかげで息切れをしないからだといっていい」

-- 「新カードの《情け知らずのガラク》はどうですか?」

石井 「うーん、こっちはまだわからないってのが正直な感想なんだよね。ホンナミは大好きだし、せるぷーは、《原初の狩人、ガラク》を出せないこともあるからいやだっていうし、評価が分かれてるよね」

-- 「一応、貴重な除去ですし弱いわけはないですよね」

石井 「そうだね。あと、青黒相手には軽いからカウンターさせる動きをしやすいってのはあるね。もちろん出ればそれなりの仕事はしてくれるんだけど、本当は《原初の狩人、ガラク》の方を通したいから、《情け知らずのガラク》をおとりにして《原初の狩人、ガラク》を通すってゲームは結構あったね」

-- 「《解放された者、カーン》はどうですか?」

石井 「どうなんだろうね。もともとは《内にいる獣》の枠なんだけど、《ワームとぐろエンジン》対策もかねて《解放された者、カーン》になってる感じ。でも正直、《内にいる獣》が欲しいことも多い」

-- 「《内にいる獣》はかゆいところに手が届くカードですものね」

石井 「かゆいところに手は届いてるんだけど、かけているかどうかは別だよね。あるといらないって思うんだけど、抜くと欲しいって思う難しいカードだよ。ただ、まぁプレインズウォーカー対策としては優秀なんで、やっぱ 2 枚くらいはいれるべきかな」

-- 「サイドボードは……基本的な対策カードが中心ですね。《電弧の痕跡》がめずらしいですかね」

石井 「これはお試しだね。緑白系、とくに《ミラディンの十字軍》がどうにもならないから入れてみたんだけど、今日は青黒としかあたってないからよくわからないかな」

-- 「なるほど。広島もやっぱりこのデッキででるんですか?」

石井 「青黒とかも考えてるけど……多分これで出るだろうね」

-- 「第二のブレイズですもんね」

石井 「そうだね」

Tags: Decks Feature

編集