«DechTech: 青黒スケルトンブレード:中村 肇 最新 ラウンド 7: 萩原 紀幸(千葉) vs 秋山 貴志(千..»

LMC Championships 2011

LMC Championships

ラウンド 7: 菅谷 裕信(千葉) vs 高木 隆之(千葉)

Written by Yui Takagi

LMC チャンピオンシップも残すところは残り 2 ラウンド。すでに原田 真雄と宮本 寛弥が全勝でベスト 8 を決めた。

残った 6 つのイスをめぐる、過酷が戦いが繰り広げられる。

高木は前ラウンドで宮本の白緑ビートダウンに敗れた。そして、このラウンドの菅谷も白緑ビートダウンという試練の時を迎えた。

果たして、この逆境を乗り越えることができるのか!?

菅谷:白緑ビートダウン

高木:緑黒青《出産の殻》


Game 1

先手は菅谷。お互いに初手をキープ。菅谷は《アヴァシンの巡礼者》《迫撃鞘》、高木は《ヴィリジアンの密使》《シルヴォクの模造品》を展開。

菅谷は土地が一旦 2 枚で止まるが、しかし《ミラディンの十字軍》2 体展開。

Mirran Crusader

そして高木はこれを止められない。姑息的に《シルヴォクの模造品》でブロックし《迫撃鞘》を破壊してみるが、解決にはなっていない。さらに菅谷が《刃砦の英雄》を追加したところで高木が投了。

菅谷 1-0 高木


高木のサイドボーディング

out
1 《最後のトロール、スラーン》
1 《幻影の像》
1 《納墓の総督》
in
3 《漸増爆弾》

菅谷のサイドボーディング

out
1 《エルズペス・ティレル》
1 《忘却の輪》
2 《踏み荒らし》
in
1 《饗宴と飢餓の剣》
3 《帰化》

Game 2

先手は高木。菅谷は初手を一瞥し苦笑するがキープし、お互い 7 枚からスタート。

後手の菅谷が《極楽鳥》から 2 ターン目に驚異の《アヴァシンの巡礼者》3 枚出し! 一方の高木は 3 ターン目の《シルヴォクの模造品》が最初の呪文。

菅谷は続いて《霊誉の僧兵》を追加し数の暴力で高木を圧迫する。高木は返しに《漸増爆弾》を設置、、《霊誉の僧兵》《破滅の刃》で退場させる。そして次のターンには 1 個乗った《漸増爆弾》で 4 体のマナクリーチャーを一斉に薙ぎ払う。菅谷の場には飛行トークンしか残らない。

しかし、菅谷の土地に紛れている《ガヴォニーの居住区》がまさにガンである。

Gavony Township

高木は《出産の殻》《真面目な身代わり》を展開しするが、菅谷の《ガヴォニーの居住区》で成長していくスピリットトークンに対する回答はとうとう最後まで見つけられなかった。

菅谷 2-0 高木


黒には《黒の太陽の頂点》という解決方法もあるが、高木のデッキにはそれを使用すると巻き込まれるクリーチャーが多く採用できない事情があった。それが、白緑ビートダウンに対する耐性がない要因となった。

高木 「除去を入れすぎてクリーチャーが少なくなってしまったのがいけなかったな……」

高木はマッチ終了後、こう振り返った。

Tags: Report

編集