«ラウンド 4: 仙波 恒太郎(千葉) vs 中村 肇(神.. 最新 ラウンド 5: 石井 泰介(神奈川) vs 吉森 奨(神..»

LMC Championships 2011

LMC Championships

ラウンド 5: 増野 良輔(千葉) vs 服部 太紀(東京)

Written by Takamasa Sato

第 5 回戦は、2008 年度ミスター LMC 増野 良輔と服部“師匠”太紀のマッチアップをお伝えする。


Game 1

CIMG2745

先手服部、《氷河の城砦》を並べていくが、土地が 2 枚で止まってしまう。対する増野は順調に青と黒の土地を並べ、早くもコントロール対決の様相を明らかに。

増野が《漸増爆弾》を着地させると、服部は《熟慮》を裏表で手札を調整。無事に土地に辿りつき、ほっと一息。

互いに土地を並べていくが、増野の場にはいつの間にやら《墨蛾の生息地》が 4 枚。かすかに漂う毒殺の香り。

増野、《真面目な身代わり》を着地させ、さらに《ボーラスの工作員、テゼレット》を見せる。さすがにこれは《雲散霧消》されるが、残るマナで《虚無の呪文爆弾》を通す。

先に殴り始めたのは増野。《真面目な身代わり》《墨蛾の生息地》がレッドゾーンに。服部は《破滅の刃》でこれをいなしつつ、《瞬唱の魔道士》で増野に《虚無の呪文爆弾》起動を強制する。

さらに自らのメインで《記憶の熟達者、ジェイス》。コントロール対決では異常な強さを誇るジェイス兄弟の末弟である。

増野はこれを戦闘で処理すると、《聖別されたスフィンクス》を場に。服部はこれを許さず《破滅の刃》

服部、メインに《聖別されたスフィンクス》を置くが、カウンターと除去が飛び交いあい、墓地へと。

増野、全ての手札を使いきり、《墨蛾の生息地》によるビートを開始すると、解決策を引けなかった服部はカードを片付けた。

増野 1-0 服部


Game 2

先手は再び服部。しかし、増野は早速《虚無の呪文爆弾》を設置して服部を牽制する。

互いに土地を並べ会うドローゴーの展開だが、増野は 2 枚目の《虚無の呪文爆弾》《墨蛾の生息地》と、能動的に動ける場を形成。さらに《漸増爆弾》も追加して、パーマネントと墓地にはいつでも対処できる状況に。合間に《墨蛾の生息地》で殴り、服部に毒を一雫ずつ注いでいく。

7 マナまで到達したところで、服部は《殴打頭蓋》。互いに《マナ漏出》を 1 枚ずつ消費したところで、これが着地する。

服部のタップアウトに合わせて増野は《ボーラスの工作員、テゼレット》《虚無の呪文爆弾》が 5/5 の頼もしい戦闘要員に。

Tezzeret, Agent of Bolas

しかし、これで立っている増野のマナはたった一つ。服部は墓地に何もないものの、《太陽のタイタン》を追加する。

増野、これを《破滅の刃》で処理。《ボーラスの工作員、テゼレット》でサーチしてみるが、アーティファクトは見当たらず。

服部、《真面目な身代わり》でマナを伸ばすが、カウンター合戦を繰り返したこともあり、手札はたったの 1 枚。増野も《真面目な身代わり》を追加し、2 度目の正直にサーチしたのは《ワームとぐろエンジン》

このままではジリ貧の服部は、《真面目な身代わり》《殴打頭蓋》を装備して《ボーラスの工作員、テゼレット》を壊そうとする。この攻撃は、もちろんブロックされて届かず。

増野、前のターンに見せている《ワームとぐろエンジン》を見せてみるが、もちろんこれは《マナ漏出》。しかたなく《虚無の呪文爆弾》を 5/5 にして戦線を維持する。

服部は仕方なくたった一体の 5/5 アーティファクトに《審判の日》。さらに《ボーラスの工作員、テゼレット》《忘却の輪》し、《聖別されたスフィンクス》を送り込むが、これは《喉首狙い》

増野、《ワームとぐろエンジン》を場に送り込むと、今度はライフを攻め始める。服部は《殴打頭蓋》を出し入れすることでこれを誤魔化すが、序盤に増野の設置していた《漸増爆弾》《忘却の輪》を外すと、《ボーラスの工作員、テゼレット》が復活。

《ボーラスの工作員、テゼレット》《墨蛾の生息地》を 5/5 とするが、服部は《神への捧げ物》を。

とはいえ、増野の場には依然として《ワームとぐろエンジン》がおり、《ボーラスの工作員、テゼレット》がさらなる《ワームとぐろエンジン》を連れてきた。

服部は 2 体目の《ワームとぐろエンジン》《マナ漏出》《瞬唱の魔道士》でかわし、自らのメインで《殴打頭蓋》をまとわせて《ボーラスの工作員、テゼレット》を潰す。

服部、《ネファリアの溺墓》で増野の山札を削り始めるが、増野はこれを《幽霊街》で破壊。

地上でにらみ合う《ワームとぐろエンジン》《瞬唱の魔道士》を無視して《墨蛾の生息地》で毒カウンターをのせ、いつの間にやら 8 個目。

服部の次なる一手は《記憶の熟達者、ジェイス》。増野の山札が 10 枚 削れ、残り山札は約 10 枚。

増野は苦悶の表情を浮かべるも、《破滅の刃》《瞬唱の魔道士》を処理し、《ワームとぐろエンジン》《記憶の熟達者、ジェイス》を踏みつぶす。

インスタント除去を引けなかった服部は、そのまま毒殺されてしまった。

増野 2-0 服部

Tags: Report

編集