«ラウンド 1: 仙波 恒太郎(千葉) vs 渡辺 雄也(.. 最新 LMCC2011 Standard Metagame B..»

LMC Championships 2011

LMC Championships

ラウンド 2: 秋山 貴志(千葉) vs 足利 昌俊(千葉)

Written by Yui Takagi

CIMG2730

ACQUA が久しぶりにマジック界に帰ってきた!

かつては日本マジックのトッププレイヤーとして活躍していたが、ここ数年は「ストリートファイター 4」に主戦場を移して活動していた。格闘プレイヤーとしての活躍は、ニコニコ動画を参照していただきたい。久しぶりのマジックシーン、その勝負勘はかつてのままなのか見物だ。

一方の足利昌俊は LMC の常連であり、鈴木大輝と並ぶ千葉のいじられマスコットキャラである。トーナメントにはぶっ飛んだデッキをよく持ってきて人々を驚かせてくれる。今回の使用デッキは太陽拳、ただし足利らしいクリーチャーもいくばくかちらりとシャッフル中に垣間見える。

Game 1

足利がダイスロールに勝利するが、後手を選択。

まずはお互いに淡々と土地を並べながら《熟慮》《禁忌の錬金術》で手札を整理していく。

セットランドチキンレース、先に土地を置けなくなったのが秋山。土地は 6 枚あるが、カウンターを構える必要があり、8 枚になった手札から《聖別されたスフィンクス》を捨てる。

返しの足利は 7 枚目の土地を置き、《ヴェールのリリアナ》をキャスト。秋山は《雲散霧消》で抵抗するが、2 枚の《マナ漏出》のバックアップのもと通す。これには秋山も渋い顔を隠せない。足利は淡々とプラス能力を使用していく。

Liliana of the Veil

秋山は都合 3 枚の《熟慮》で引き増すが、《ヴェールのリリアナ》に対する回答を引き込めない。対する足利はディスカード能力を駆使しながら《漸増爆弾》《虚無の呪文爆弾》で秋山を牽制する。

足利はそのままカウンターを 6 つまで伸ばして、最終奥義を発動。秋山の場には《ネファリアの溺墓》を含んだ土地 9 枚のみ。長考の末、《ネファリアの溺墓》を含む 4 枚とその他 5 枚に分けて秋山は前者を選択する。

そして足利は続けて 2 枚目の《ヴェールのリリアナ》を設置。秋山は《ネファリアの溺墓》で足利のライブラリーを責めていくが、足利も《幽霊街》を引き込んでおり破壊されてしまう。

そして足利の場に、満を持して現れた《太陽のタイタン》。秋山は《破滅の刃》で一度は退けるが、足利は墓地にたまっていた《堀葬の儀式》で再び吊り上げる。秋山はこれを《忘却の輪》するが、《漸増爆弾》はカウンターが 3 つ載っており解決にならない。

Jin-Gitaxias, Core Augur

足利、カウンターを 7 つためて 2 度目の《ヴェールのリリアナ》奥義発動。秋山の土地を 3 枚に減らす。とどめと言わんばかりに《禁忌の錬金術》《核の占い師、ジン=ギタクシアス》を落として《堀葬の儀式》で一本釣り! 秋山の手札を叩き落とすとライブラリーアウト防止のため《ヴェールのリリアナ》生贄に捧げ、3 枚目の《堀葬の儀式》フラッシュバックで《太陽のタイタン》を吊り上げる!

終始足利ペースでゲームが進み第 1 ゲーム終了。

秋山 0-1 足利


残り時間は 20 分。コントロール対決で第 1 ゲームを獲ることは大きい。秋山は残り時間とも戦わねばならないのだ。

足利サイド

out
2 《審判の日》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン》
1 《幻影の像》
1 《熟慮》
1 《マナ漏出》
1 《瞬唱の魔道士》
in
1 《記憶の熟達者、ジェイス》
1 《漸増爆弾》
1 《囁く者、シェオルドレッド》
1 《外科的摘出》
1 《虚無の呪文爆弾》
1 《忘却の輪》
1 《雲散霧消》

秋山サイド

out
2 《審判の日》
1 《幽霊街》
1 《平地》
2 《太陽のタイタン》
in
3 《ネファリアの溺墓》
1 《否認》
2 《記憶の熟達者、ジェイス》

Game 2

CIMG2729

秋山先手、お互い 7 枚キープでスタート。また土地の並べあいと《禁忌の錬金術》《熟慮》による手札整理で序盤戦が過ぎていく。ただし、秋山が《ネファリアの溺墓》を 2 枚設置しており、足利のライブラリーを責める。足利の場には《幽霊街》が 1 枚だけ。

Nephalia Drownyard

秋山は順調に土地が伸び続ける。一方、足利は 7 枚で土地が止まる。秋山が 2 度《ネファリアの溺墓》を起動できる状態になっているので、ここで《幽霊街》で 1 つを破壊。

足利は先に動かざるを得ない。8 枚目の土地を設置し《ヴェールのリリアナ》を唱える。秋山は足利のライブラリー枚数を確認し長考に入る。長考の末、これは《否認》で退ける。続いて残りマナで《堀葬の儀式》をフラッシュバックするが《マナ漏出》で弾かれる。これで足利はほぼフルタップ。

返しのターン。10 マナ出せる秋山はなにかを仕掛けようと長考に入ったが、結局動かずエンド。

次ターン、足利は 2 枚目の《ヴェールのリリアナ》を仕掛ける。秋山はこれをあえて通す。さらに 2 枚目の《堀葬の儀式》をフラッシュバックするが、こちらは《マナ漏出》。再び準フルタップの足利。

そこに秋山の《記憶の熟達者、ジェイス》が突き刺さった。

秋山 1-1 足利


残り時間は 10 分弱。

サイド

お互いノーチェンジ

Game 3

足利は後手を選択。どうやらコントロール対決のみで後手を選択しているようだ。1 本目の後手選択も秋山のデッキを知ってる上での選択のようだ。

お互い 1 回ずつマリガンして 6 枚でのスタート。

三たび、序盤は土地を並べあい手札を整理しあう展開。秋山は《ネファリアの溺墓》を設置するが、足利も《幽霊街》で牽制。秋山は今回は《ネファリアの溺墓》を自分に起動し、墓地を肥やしていく。

先に動いたのが秋山。6 枚目の土地を置いたところで《ヴェールのリリアナ》を仕掛ける。足利は《雲散霧消》で抵抗するが、これを《マナ漏出》のバックアップで通す。

しかし足利は返しで落ち着いて《ヴェールのリリアナ》を対消滅。秋山は直後に特にアクションがなく、再び淡々とゲームが進む。

続いて仕掛けたのは足利。土地 7 枚の状態で 2 枚目の《ヴェールのリリアナ》をプレイし、これが通る。秋山は返しでこれを《忘却の輪》。足利がこれを《マナ漏出》し素直に支払って《忘却の輪》着地。

足利は返しに《太陽のタイタン》を通す。しかしこれが《破滅の刃》され、ここでタイムアップとなった。

秋山 1-1-1 足利  引き分け

Tags: Report

編集